京都(読み)キョウト

デジタル大辞泉「京都」の解説

きょうと〔キヤウト〕【京都】

近畿地方中部から北部に位置する。もとの山城国丹後国全域丹波国大部分にあたる。人口263.7万(2010)。
京都府南部の市。府庁所在地。指定都市。国際文化観光都市に指定され、古都保存法の適用を受けている。延暦13年(794)に桓武かんむ天皇遷都せんとして平安京と称した。以来、明治維新まで千年以上にわたって日本の首都。京都御所二条城清水きよみずなど、史跡・社寺が多く、西陣織友禅染清水焼などの伝統的工芸品を産する。歴史的な年中行事も多い。人口147.4万(2010)。京。
[補説]京都市の区は、右京区上京区北区左京区下京区中京区西京区東山区伏見区南区山科区の11区。
京都市の賀茂別雷神社賀茂御祖神社教王護国寺清水寺醍醐寺仁和寺高山寺西芳寺天竜寺鹿苑寺慈照寺竜安寺本願寺二条城、宇治市の平等院宇治上神社と、滋賀県大津市の延暦寺は、平成6年(1994)「古都京都の文化財」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「京都」の解説

京都
きょうと

京都府南部にある府庁所在地。794(延暦13)年から1868(明治元)年までの帝都
794年桓武天皇のとき,奈良から遷都し,平安京を建設。律令国家の首都として繁栄した。鎌倉時代,経済都市としても発展。室町時代には幕府が置かれ,特に洛北が発展,町衆も勃興し活躍した。応仁の乱(1467〜77)で焦土と化したが町衆の力で復興し,その後,豊臣秀吉は大規模な市街整備を行った。江戸時代には西陣の機業などを中心に繁栄し,江戸・大坂と並んで三都の一つに数えられた。東京遷都とともに帝都としての地位を失ったが,平安京以来の古社寺が多く,観光都市として世界的に有名である。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「京都」の解説

きょうと キャウト【京都】

[一] 京都府南東部の地名。府庁所在地。政令指定都市。延暦一三年(七九四長岡から遷都して以来、明治維新に至るまでの日本の首都。市街は平安京の碁盤目状の区画を残し、京都御所を始め、史跡、文化財が豊富で、国際文化観光都市に指定され、古都保存法の適用を受けている。西陣織、京友禅などの伝統的工業、酒、京菓子などの食品工業、京人形などの工芸がさかん。また、歴史的な年中行事も多く、嵐山などの景勝地がある。東海道新幹線東海道本線山陰本線名神高速道路などが通じる。明治二二年(一八八九)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「京都」の解説

【京都】けいと

みやこ・応従弟の君苗・君冑に与ふる書〕京に來(きた)りり、塊然(くわいぜん)として獨り處(を)る。を濱洛に營み、囂塵(がうぢん)に困(くる)しむ。

字通「京」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android