京都(読み)キョウト

デジタル大辞泉の解説

きょうと〔キヤウト〕【京都】

近畿地方中部から北部に位置する府。もとの山城国丹後国の全域と丹波国の大部分にあたる。人口263.7万(2010)。
京都府南部の市。府庁所在地。指定都市。国際文化観光都市に指定され、古都保存法の適用を受けている。延暦13年(794)に桓武(かんむ)天皇が遷都(せんと)して平安京と称した。以来、明治維新まで千年以上にわたって日本の首都。京都御所二条城清水(きよみず)寺など、史跡・社寺が多く、西陣織友禅染清水焼などの伝統的工芸品を産する。歴史的な年中行事も多い。人口147.4万(2010)。京。
[補説]京都市の区は、右京区上京区北区左京区下京区中京区西京区東山区伏見区南区山科区の11区。
京都市の賀茂別雷神社賀茂御祖神社教王護国寺清水寺醍醐寺仁和寺高山寺西芳寺天竜寺鹿苑寺慈照寺竜安寺本願寺二条城、宇治市の平等院宇治上神社と、滋賀県大津市の延暦寺は、平成6年(1994)「古都京都の文化財」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうと【京都】

近畿地方北部の府。かつての山城国・丹後国の全域と丹波国の一部を占める。中央部は丹波高地で、南部に京都盆地がある。北は日本海に面し、丹後半島が突出。府庁所在地、京都市。
京都府南部の市。府庁所在地。指定都市。794年に桓武天皇が遷都して平安京と称す。以来、1869年(明治2)まで日本の首都。特に、平安・室町時代、文化・政治・経済の中心。天下に覇を唱えんとするものは常にこの地を制圧しようとしたため、幾多の戦火に見舞われたが、多くの文化遺産を今に伝える。御所のほか、著名な社寺が多く、また友禅染・西陣織・清水焼きよみずやきなど伝統的な産業がある。京。京の都。 → 平安京

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

京都の関連情報