コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定規縁 ジョウギブチ

デジタル大辞泉の解説

じょうぎ‐ぶち〔ヂヤウギ‐〕【定規縁】

両開き戸や引き分け戸で、閉じたとき戸の合わせ目が透かないように縦に取り付けた細い木。帖木(じょうぎ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうぎぶち【定規縁】

両開きの扉や引き分けの障子などで、閉ざしたときに、その合わせ目をかくすため縦に取りつける細長い材。帖木じようぎ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の定規縁の言及

【戸】より

…板扉は奈良時代以来,和様建築に用いられた表面の平らな扉で,2,3枚の板を縦に矧(は)いで作るが,まれに法隆寺金堂のように一枚板で作る例もある。奈良時代のものは裏の横桟に厚い板を釘で打ちつけ,釘の頭は饅頭金物(まんじゆうかなもの)(乳金物)で隠し,扉の召し合せ部には定規縁(じようぎぶち)をつける。平安時代以降は扉板が薄くなり,裏桟を用いず上下に端喰(はしばみ)を入れて板の反り止めを兼ねさせる。…

※「定規縁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

定規縁の関連キーワード帖木・定規両開き唐戸筋塀障子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android