コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふすま

百科事典マイペディアの解説

ふすま

小麦を製粉する際の副産物。果皮,種皮を中心に外胚乳,糊粉層の粉砕物からなる。粗タンパク質,粗脂肪,ミネラルなどに富み,とくに牛の飼料として重要。
→関連項目コムギ(小麦)飼料濃厚飼料

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ふすま
ふすま / 麩・

コムギから小麦粉を製造するときの副産物。コムギの胚乳(はいにゅう)部が小麦粉として利用され、残りの外皮(種皮と糊粉(こふん)層)、胚芽のうち、胚芽を取り除いた部分がふすまとよばれる。製粉時のふすま量はコムギの約20~25%である。成分としてはタンパク質、脂肪、食物繊維、鉄・カリウムなどのミネラル、ビタミンが比較的多く、栄養価値がある。主として家畜の飼料にされる。食品加工用としては、小麦粉に混ぜてパン、ビスケット、シリアルなどにする。原料不足の時代にコムギの代用としてしょうゆ原料にされたことがある。ふすまの部分を含んだ小麦粉としてグラハム粉や全粒粉(ホールウィートフラワー)がある。[河野友美・山口米子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ふすまの関連キーワード内装仕上工事(建設業許可の一種)ふすま(麩∥麬)丁子引き・丁子引ふすま(麩)オートブランオーツブラン滑り・辷り間仕切り唐紙障子鴛鴦の衾締め明けセモリナ雁振り瓦錦鶏の間火打ち板皆乍ら布障子押入れ絹表具雁振瓦

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふすまの関連情報