宮崎 周一(読み)ミヤザキ シュウイチ

20世紀日本人名事典の解説

宮崎 周一
ミヤザキ シュウイチ

昭和期の陸軍中将



生年
明治28(1895)年2月6日

没年
昭和44(1969)年10月16日

出生地
長野県

学歴〔年〕
陸士卒,陸大卒

経歴
昭和4年参謀本部員、7年8月陸軍大学校教官、12年7月ヨーロッパ出張、13年第11軍参謀、14年歩兵第26連隊長、15年陸軍大学校教官、16年少将。17年10月第17軍参謀としてガダルカナル島作戦に参加、18年5月参謀本部第4部長、19年8月第6方面軍参謀長、同年10月中将、12月参謀本部第1部長。敗戦と同時に復員省に移り史実部長。25年吉田茂首相の招きで日本の再軍備案と旧軍人の追放解除リストづくりに従事した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android