招き(読み)マネキ

デジタル大辞泉の解説

まねき【招き】

招くこと。招待。招聘(しょうへい)。「お招きにあずかる」
烏帽子(えぼし)正面の部分名。立(たて)烏帽子では前の上部の突き出た部分、折(おり)烏帽子では正面の三角状の部分。
近世、幟(のぼり)指物(さしもの)竿(さお)先につけた細長い小旗。
江戸時代、芝居小屋などの木戸口で出演者の名を読み上げたり、声色(こわいろ)を使ったりして客を招いた者。また、その役。
招き看板」に同じ。
船から他の船や合図のために掲げる標識

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

まねき【招き】

招くこと。招待すること。 -に応ずる
招き看板に同じ。
江戸時代、劇場の木戸で役者の名と役割を読み上げ、声色などを使って客を呼ぶこと。また、その人。
近世、幟のぼりの竿さおの先につけた、細長い小旗。 旗竿の頭に-を付たり/黒田家譜
烏帽子えぼしの正面の部分の名。立烏帽子では上部の前に突き出ている部分、折烏帽子では三角形の部分。
近世、航行中の船から他船や陸上に対する合図のために掲げた印。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

招きの関連情報