コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

招き マネキ

デジタル大辞泉の解説

まねき【招き】

招くこと。招待。招聘(しょうへい)。「お招きにあずかる」
烏帽子(えぼし)の正面の部分名。立(たて)烏帽子では前の上部の突き出た部分、折(おり)烏帽子では正面の三角状の部分。
近世、幟(のぼり)指物(さしもの)の竿(さお)先につけた細長い小旗。
江戸時代、芝居小屋などの木戸口で出演者の名を読み上げたり、声色(こわいろ)を使ったりして客を招いた者。また、その役。
招き看板」に同じ。
船から他の船や陸に合図のために掲げる標識。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まねき【招き】

招くこと。招待すること。 「 -に応ずる」
招き看板 」に同じ。
江戸時代、劇場の木戸で役者の名と役割を読み上げ、声色などを使って客を呼ぶこと。また、その人。
近世、幟のぼりの竿さおの先につけた、細長い小旗。 「旗竿の頭に-を付たり/黒田家譜」
烏帽子えぼしの正面の部分の名。立烏帽子では上部の前に突き出ている部分、折烏帽子では三角形の部分。
近世、航行中の船から他船や陸上に対する合図のために掲げた印。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

招きの関連キーワードA.M. スティンチェクム焼き餅焼くとて手を焼くな殿上の淵酔・殿上の渕酔デフレスパイラルB. タンクーハ四天王合行法ボアソナード物言わぬ花盈満の咎めアルクインランブイエしょうへい召呼・招呼五十嵐道甫荒瀬ゆり子嘉招・佳招神寄り板神依り板流れ破風エアトン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

招きの関連情報