コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

招き マネキ

2件 の用語解説(招きの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まねき【招き】

招くこと。招待。招聘(しょうへい)。「お―にあずかる」
烏帽子(えぼし)の正面の部分名。立(たて)烏帽子では前の上部の突き出た部分、折(おり)烏帽子では正面の三角状の部分。
近世、幟(のぼり)指物(さしもの)の竿(さお)先につけた細長い小旗。
江戸時代、芝居小屋などの木戸口で出演者の名を読み上げたり、声色(こわいろ)を使ったりして客を招いた者。また、その役。
招き看板」に同じ。
船から他の船や陸に合図のために掲げる標識。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まねき【招き】

招くこと。招待すること。 「 -に応ずる」
招き看板 」に同じ。
江戸時代、劇場の木戸で役者の名と役割を読み上げ、声色などを使って客を呼ぶこと。また、その人。
近世、幟のぼりの竿さおの先につけた、細長い小旗。 「旗竿の頭に-を付たり/黒田家譜」
烏帽子えぼしの正面の部分の名。立烏帽子では上部の前に突き出ている部分、折烏帽子では三角形の部分。
近世、航行中の船から他船や陸上に対する合図のために掲げた印。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

招きの関連キーワード招く招宴招致招聘承平造兵聘する招待

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

招きの関連情報