招き(読み)マネキ

デジタル大辞泉「招き」の解説

まねき【招き】

招くこと。招待。招聘しょうへい。「お招きにあずかる」
烏帽子えぼし正面の部分名。たて烏帽子では前の上部の突き出た部分、おり烏帽子では正面の三角状の部分。
近世のぼり指物さしもの竿さお先につけた細長い小旗。
江戸時代、芝居小屋などの木戸口で出演者の名を読み上げたり、声色こわいろを使ったりして客を招いた者。また、その役。
招き看板」に同じ。
船から他の船や合図のために掲げる標識

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android