寄る瓮の水(読み)ヨルベノミズ

デジタル大辞泉「寄る瓮の水」の解説

よるべ‐の‐みず〔‐みづ〕【寄る×瓮の水】

神前のかめにたたえられた水。神霊を寄せるためのものという。
「さもこそは―に水草(みくさ)ゐめけふのかざしよ名さへ忘るる」〈
[補説]「よるべ」は「寄る辺」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android