コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神霊 シンレイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐れい【神霊】

神。神のみたま。「神霊が宿る」
霊妙な神の徳。神の霊験。
人が死んでとなったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんれい【神霊】

神。神のみたま。また、神のすぐれた徳。
たましい。霊魂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の神霊の言及

【宗教】より


[神と仏]
 その第1は,日本人の神仏信仰は目に見えない神(カミ)と目に見える仏(ホトケ)との共存・重層の関係にもとづいて発展したということである。目に見えない神は神霊として特定の土地(山や森)に宿るとともに,空間を移動し各地に憑着して細胞分裂のように分社をつくった。それは分霊・憑依による鎮座の伝播形式と呼ぶことができる。…

【霊魂】より

…それは遊離しやすい状態の〈たま〉を身体につなぎとめるための呪術であったが,他方,遊離した〈たま〉はときに怨念を含む御霊(ごりよう)や物の怪(け)に変貌して,生きている者に危害を加えると信じられた。また〈たま〉は最高の形態としては神霊を意味し,祈願・供養の対象として崇拝された。一般に日本では,人の死後,その死霊は祖霊を経て神霊になるという観念が強く抱かれてきた。…

※「神霊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神霊の関連キーワードカイゼルファイヤー依り代・憑代憑坐・尸童神降ろし座敷童子御告げ文神幸祭御降りゴッド還幸祭荒御魂総本宮御告文御旅所御霊代依り代神憑り霊媒術霊験尊前

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神霊の関連情報