神霊(読み)シンレイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐れい【神霊】

神。神のみたま。「神霊が宿る」
霊妙な神の徳。神の霊験。
人が死んでとなったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんれい【神霊】

神。神のみたま。また、神のすぐれた徳。
たましい。霊魂。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐れい【神霊】

〘名〙
① 神。また、その神のすぐれた不思議な徳。
※続日本紀‐天平一二年(740)一一月戊子「我是大忠臣也。神霊棄我哉」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)塩釜「かかる道の果塵土の境まで神霊あらたにましますこそ〈略〉いと貴けれ」 〔戦国策‐趙策上・武霊王〕
② 人のたましい。また、人が死んで神となったもの。霊魂
※太平記(14C後)三四「玉骨は縦郊原の土と朽させ給ふとも、神霊(レイ)は定て天地に留て、其苗裔をも守り」
※清原国賢書写本荘子抄(1530)六「心は五蔵の主也、神霊の宅也」
③ (形動) 不思議なこと。霊妙なこと。また、そのさま。
史記抄(1477)一八「卜も筮も神霊なる事を云ぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の神霊の言及

【宗教】より


[神と仏]
 その第1は,日本人の神仏信仰は目に見えない神(カミ)と目に見える仏(ホトケ)との共存・重層の関係にもとづいて発展したということである。目に見えない神は神霊として特定の土地(山や森)に宿るとともに,空間を移動し各地に憑着して細胞分裂のように分社をつくった。それは分霊・憑依による鎮座の伝播形式と呼ぶことができる。…

【霊魂】より

…それは遊離しやすい状態の〈たま〉を身体につなぎとめるための呪術であったが,他方,遊離した〈たま〉はときに怨念を含む御霊(ごりよう)や物の怪(け)に変貌して,生きている者に危害を加えると信じられた。また〈たま〉は最高の形態としては神霊を意味し,祈願・供養の対象として崇拝された。一般に日本では,人の死後,その死霊は祖霊を経て神霊になるという観念が強く抱かれてきた。…

※「神霊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神霊の関連情報