富山県中新川郡立山町(読み)たてやま〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕立山〈町〉(たてやま〈まち〉)


富山県南東部、常願寺(じょうがんじ)川上・中流右岸の町。中新川(なかにいかわ)郡
中心の五百石地区は市場町として発展した。金属・電機などの工場がある。南東部の立山三山や黒部峡谷黒部ダム、黒部湖は中部山岳国立公園の一中心で、血の池弥陀ヶ原(みだがはら)など湿地帯や湿原が広がる。みくりが池、地獄谷など温泉も湧出。岩峅(いわくら)寺、芦峅(あしくら)寺は山岳信仰の拠点で、立山連峰の登山基地。立山の主峰雄山(おやま)頂上には雄山神社峰本社がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android