寝飽(読み)ねあきる

  • ねあ・きる
  • ねあ・く

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自カ上一〙 =ねあく(寝飽)
※大菩薩峠(1913‐41)〈中里介山〉東海道の巻「こんな永い夜を一人で寝飽(ネア)きるのもつまりませんからねえ」
〘自カ五(四)〙 ねくたびれる。いやになるほどねる。ねあきる。
※俳諧・野ざらし紀行(1685‐86頃)「草の枕に寝あきて、まだほのぐらきうちに浜のかたに出て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android