コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

導出 ドウシュツ

デジタル大辞泉の解説

どう‐しゅつ〔ダウ‐〕【導出】

[名](スル)みちびきだすこと。特に、論理的に結論をひきだすこと。「新しい理論から導出された方法」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうしゅつ【導出】

( 名 ) スル
結論などをみちびき出すこと。 「データから結論を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

導出の関連キーワードパウリ‐ヴァイスコップフ方程式シュテファンボルツマンの法則ランキン‐ユゴニオの関係式クッタジュコフスキーの定理ナビエストークスの方程式ランキンユゴニオの関係式トマス‐フェルミの方程式チャンドラセカール限界ファン・デル・ワールスプトレマイオスの定理スモルコフスキーの式アーンショーの定理A.L. ボーリーリチャードソンの式マキシミンルールマイヤーの関係式純粋経済学要論アルス・マグナ非線形場の理論ラクオリア創薬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

導出の関連情報