コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小弐 しょうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小弐 しょうに

?-? 平安時代中期の歌人。
「後撰和歌集」には小弐命婦(みょうぶ),小弐乳母とある。橘公頼の娘で村上天皇の乳母とおもわれる。延喜(えんぎ)7-8年(907-908)ごろに生まれたとされる。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小弐の関連キーワード丁未約条歌人

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android