コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌人 ウタビト

デジタル大辞泉の解説

うた‐びと【歌人】

和歌を作る人。歌詠み。かじん。
一般に、詩人。
「実務には役に立たざる―と我を見る人に金借りにけり」〈啄木一握の砂
歌をじょうずに歌う人。歌い手。
「―と我を召すらめや」〈・三八八六〉
雅楽寮での舞楽のとき、歌をうたうことを役目とする人。

か‐じん【歌人】

和歌を詠む人。また、それを職業とする人。歌詠み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うたびと【歌人】

和歌を詠む人。うたよみ。かじん。
詩人。
雅楽寮に属し、舞楽のとき、歌をうたうことにあたった者。
歌をうたうのが巧みな人。うたいて。 「明らけくわが知ることを-と我を召すらめや/万葉集 3886

かじん【歌人】

和歌を詠むことを専門とする人。また、歌を詠む人。歌よみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歌人の関連キーワード曽禰好忠・曾禰好忠・曽祢好忠・曾祢好忠マイスタージンガー山川 登美子小名木 綱夫石川 きぬ子落合 京太郎大伴坂上郎女前川 佐美雄佐藤 佐太郎真鍋 美恵子古泉 千樫潮 みどり倉地与年子松村 英一鹿児島寿蔵五島美代子水原 紫苑アララギ派吉野 秀雄湯本 喜作

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌人の関連情報