歌人(読み)ウタビト

  • かじん

デジタル大辞泉の解説

和歌を作る人。歌詠み。かじん。
一般に、詩人。
「実務には役に立たざる―と我を見る人に金借りにけり」〈啄木一握の砂
歌をじょうずに歌う人。歌い手。
「―と我を召すらめや」〈・三八八六〉
雅楽寮での舞楽のとき、をうたうことを役目とする人。
和歌を詠む人。また、それを職業とする人。歌詠み

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

和歌を詠む人。うたよみ。かじん。
詩人。
雅楽寮に属し、舞楽のとき、歌をうたうことにあたった者。
歌をうたうのが巧みな人。うたいて。 明らけくわが知ることを-と我を召すらめや/万葉集 3886
和歌を詠むことを専門とする人。また、歌を詠む人。歌よみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 歌を巧みにうたう人。うたうたい。歌い手。
※書紀(720)朱鳥元年一月「倡優(わざひと)等に祿を賜ふこと差有り。亦歌人(うたびと)等に袍袴(きぬばかま)を賜ふ」
② 雅楽寮(ががくりょう)に属して国風の歌をうたうことに従事した人。〔令義解(718)〕
③ 和歌を巧みに作る人。かじん。歌詠み。
※拾遺(1005‐07頃か)雑秋・一〇九七・詞書「三条太政大臣家にて哥人めし集めてあまたの題よませ侍りけるに」
④ 詩人。
※蓬莱曲(1891)〈北村透谷〉二「誰が作をや弾かん、どの詩人(ウタビト)のを」
〘名〙 和歌を作ることを職業または専門とする人。和歌を作ることにたくみな人。うたよみ。うたびと。
※平家(13C前)一〇「平家はもとより代々の歌人才人達で候也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歌人の関連情報