小松宮 頼子(読み)コマツノミヤ ヨリコ

20世紀日本人名事典の解説

小松宮 頼子
コマツノミヤ ヨリコ

江戸時代末期〜大正期の皇族 小松宮彰仁親王妃。



生年
嘉永5年6月18日(1852年)

没年
大正3(1914)年6月26日

出生地
筑後国久留米

別名
幼名=朋姫(トモヒメ)

経歴
明治2年11月小松宮彰仁親王と御結婚。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

小松宮 頼子 (こまつのみや よりこ)

生年月日:1852年6月18日
江戸時代-大正時代の皇族。篤志看護婦人会総裁
1914年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android