コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小歩き コアルキ

デジタル大辞泉の解説

こ‐あるき【小歩き】

小股(こまた)で歩くこと。
頼まれた雑用をする者。走り使い。
「おのれは元宿無し団七というて粋方(すいはう)仲間の―」〈浄・浪花鑑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こあるき【小歩き】

( 名 ) スル
小足で歩くこと。また、少しの距離を歩くこと。
使い走りをすること。また、その人。小使い。 「粋方仲間の-、貰ひ食ひで暮らして/浄瑠璃・夏祭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

小歩きの関連キーワード使い走り走り使い浄瑠璃

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android