雑用(読み)ぞうよう

精選版 日本国語大辞典「雑用」の解説

ぞう‐よう ザフ‥【雑用】

〘名〙
① 種々のこまごました用事。雑多な用事。ざつよう。
※正法眼蔵(1231‐53)栢樹子「寸陰をむなしくせず、雑用あることなし」
② こまごましたものの費用。こまかい費用。雑費。造用。ざつよう。ぞうゆう。
※三代格‐八・大同元年(806)八月二五日「公廨利稲并年中雑用皆悉令糙」
※洒落本・仲街艷談(1799)「かかさんが大病だからくすり代やぞう用が入るが」
③ 芝居の巡業で、一座の食事、宿泊に関する事柄や費用。また、それを担当する者。
※歌舞伎・宿無団七時雨傘(1768)一「楽屋で雑用(ザフヨウ)食ふて来ました」

ざつ‐よう【雑用】

〘名〙
① 種々のこまごました用事。ぞうよう。
※江戸から東京へ(1922)〈矢田挿雲〉八「太平が続けば目星しい仕事が無く僅かに御城内取締及び修理等の雑用(ザツヨウ)を掌るのみとなり」
② こまごましたものの費用。雑費。雑用金。ぞうよう。
※鳥影(1908)〈石川啄木〉「その内から下宿料や紙筆油などの雑用の払ひを済まし」
③ (━する) いろいろまぜあわせて使うこと。
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「意に随て漢文和文俗語の三体を雑用する者は」 〔後漢書‐光武帝紀下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雑用」の解説

ぞう‐よう〔ザフ‐〕【雑用】

ざつよう(雑用)
雑多なものの費用。雑費。
「―がほしくなるから書物でも売ろうかということになる」〈子規仰臥漫録

ざつ‐よう【雑用】

こまごました、いろいろの用事。ぞうよう。「雑用に追われる」
こまごましたものの費用。雑費。「雑用の払いを済ます」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android