コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏祭浪花鑑 なつまつりなにわかがみ

6件 の用語解説(夏祭浪花鑑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夏祭浪花鑑
なつまつりなにわかがみ

浄瑠璃。世話物。9段。並木千柳 (→並木宗輔 ) ,三好松洛,2世竹田出雲合作。延享2 (1745) 年大坂竹本座初演。浄瑠璃全盛期の作品で,大好評を博し同年中に歌舞伎でも上演された。初演時,1世吉田文三郎が団七とお辰の人形に初めて帷子 (かたびら) を着せて遣い,また「長町裏」の段では本水・本泥を使用するなど,人形演出に工夫を凝らした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なつまつりなにわかがみ〔なつまつりなにはかがみ〕【夏祭浪花鑑】

浄瑠璃。世話物。九段。並木千柳(宗輔(そうすけ))・三好松洛竹田小出雲の合作。延享2年(1745)大坂竹本座初演。団七九郎兵衛・釣船三婦(さぶ)・一寸徳兵衛ら三人の侠客(きょうかく)の達引(たてひき)を中心にした、季節感あふれる夏狂言。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

夏祭浪花鑑【なつまつりなにわかがみ】

浄瑠璃,またこれに基づく歌舞伎劇。並木千柳,三好松洛,竹田小出雲合作。1745年初演。大坂の侠客(きょうかく)団七九郎兵衛が恩人玉島家のため,先輩の釣船三婦(さぶ)や兄弟分の一寸徳兵衛と協力して尽くす話。
→関連項目並木宗輔丸本物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なつまつりなにわかがみ【夏祭浪花鑑】

人形浄瑠璃。世話物。9段。並木千柳(並木宗輔),三好松洛,竹田小出雲合作。1745年(延享2)7月大坂竹本座初演。団七とお辰の人形の初演者は初世吉田文三郎。初演時の番付の口上書に〈魚売団七高津祭宵宮長町裏にて舅を殺し候は四拾年以前の義……始終の実説を承合此度新作に取組〉とある。ただし初世片岡仁左衛門が大坂の歌舞伎で宿無団七を演じたのは1698年(元禄11),《宿無団七七年忌》を演じたのは1701年であるゆえ,口上に事件が40年以前とあるのは,黒木勘蔵のいうごとく50年以前の誤りであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なつまつりなにわかがみ【夏祭浪花鑑】

人形浄瑠璃。世話物。並木千柳ほか合作。1745年大坂竹本座初演。大坂の俠客団七九郎兵衛が主人のために舅しゆうとを殺す悲劇を軸に、一寸徳兵衛・釣船三婦さぶら男伊達おとこだての俠気を描く。長町裏の本水ほんみずを使う立ち回りが有名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夏祭浪花鑑
なつまつりなにわかがみ

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。世話物。九段。並木千柳(せんりゅう)・三好松洛(みよししょうらく)・竹田小出雲(こいずも)合作。通称「夏祭」。1745年(延享2)7月、大坂・竹本座初演。1698年(元禄11)に大坂で初世片岡仁左衛門(にざえもん)が演じた歌舞伎(かぶき)狂言『宿無団七(やどなしだんしち)』の役名を使い、団七九郎兵衛(くろべえ)・釣船三婦(つりぶねのさぶ)・一寸徳兵衛(いっすんとくべえ)という侠客(きょうかく)3人の達引(たてひき)に、堺(さかい)の魚売りが長町裏(ながまちうら)で人殺しをした事件(延享1)を絡ませて脚色したもの。大坂の男達(おとこだて)団七九郎兵衛は、恩人玉島兵太夫(たましまひょうだゆう)の子息磯之丞(いそのじよう)とその愛人の遊女琴浦(ことうら)を守るため、女房お梶(かじ)や先輩の釣船三婦と協力して奔走し、琴浦に横恋慕する大島佐賀右衛門(さがえもん)を懲らしめ、大島の後ろ盾、一寸徳兵衛と争うが、徳兵衛も玉島家に恩を受けた者とわかり、兄弟分になる。三婦にかくまわれていた磯之丞は徳兵衛女房お辰(たつ)が預かることになり、琴浦はお梶の父三河屋義平次(ぎへいじ)に連れ出される。強欲な義平次は琴浦を大島に渡して金にしようとしたのだが、それに気づいた団七は長町裏で追い付き、義平次と争い、ついに彼を殺してしまう。
 世話浄瑠璃として最初の大作九段物で、人形遣い吉田文三郎(ぶんざぶろう)の考案で初めて人形に帷子(かたびら)を着せ、長町裏の場で本水(ほんみず)・本泥(ほんどろ)を使った画期的な作品。初演の翌月には歌舞伎に移され、代表的な夏狂言として今日に伝わった。まれに四段目「道具屋」や、徳兵衛と三婦が団七の罪を救おうと苦心する八段目「田島町団七内」が上演されるが、有名なのは団七・徳兵衛の達引を描いた三段目「住吉(すみよし)」、お辰が顔に焼きごてを当てて女の意気地を見せる六段目「三婦内」、団七が舅(しゅうと)を殺す「長町裏」の三場で、とくに「長町裏」は祭囃子(まつりばやし)を背景に裸の団七がいくつかの美しいポーズを見せる立回りが優れ、「殺し場」の傑作。[松井俊諭]
『乙葉弘校注『日本古典文学大系51 浄瑠璃集 上』(1960・岩波書店) ▽13世片岡仁左衛門著『夏祭と伊勢音頭』(1983・向陽書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の夏祭浪花鑑の言及

【吉田文三郎】より

…人形のからくりや演出などのくふうにも才があり,3人遣いの完成に大きく貢献したほか,演出にも意欲をみせた。《夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)》で初めて人形に帷子(かたびら)を着せ,立回りに本泥水を使い,《義経千本桜》の佐藤忠信の人形に竹本政太夫の源氏車の紋を用いるなど,その演出は現在も踏襲されている。48年(寛延1)の《仮名手本忠臣蔵》では櫓下(やぐらした)の竹本此太夫と舞台演出の問題で衝突,此太夫は竹本座を退座して豊竹座に移ったため東風西風の浄瑠璃の曲風が乱れる因をなした。…

※「夏祭浪花鑑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

夏祭浪花鑑の関連情報