コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小素襖 コスオウ

大辞林 第三版の解説

こすおう【小素襖】

袖幅の狭い素襖。半袴はんばかまとあわせて用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小素襖の言及

【素襖(素袍)】より

…また素襖小袴と称して,上と異なった色で,足首までの短い半袴を着けることもあった。また素襖の一種で小素襖(こすおう)というのは,袖幅がふつうのものより少しせまく,これに半袴を着けた姿であった。素襖を着たときは頭には侍烏帽子(さむらいえぼし)をかぶり,腰に小刀(ちいさがたな)を帯び蝙蝠(かわほり)と称する扇を持つのがたてまえである。…

※「小素襖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小素襖の関連キーワード半袴袖幅

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android