素襖(読み)すおう

日本大百科全書(ニッポニカ)「素襖」の解説

素襖
すおう

素袍とも書くが素襖が正しい。直垂(ひたたれ)の一種で、大紋(だいもん)とともに同系列の服装。いずれも江戸時代に武家の礼装に用いられたが、その順位は、直垂が最高で、次が大紋、素襖はその下で平士、陪臣(ばいしん)の料とされた。生地(きじ)は布()で、仕立ては直垂、大紋とほぼ同じであるが、前二者の(はかま)の腰((ひも))が白であるのに対して共裂(ともぎれ)が用いられ、後ろに山形の腰板が入る。また胸紐、菊綴(きくとじ)は、組紐のかわりに革が用いられ、このゆえに一名「革緒(かわお)の直垂」とも称された。背と両袖(そで)、袴の腰板と左右の相引(あいびき)のところに、紋を染め抜く。頭には侍烏帽子(えぼし)をかぶり、下には熨斗目(のしめ)の小袖を着る。素襖の一種に小素襖(こすおう)というのがあるが、これは略装で、袖が一幅(ひとの)半(素襖は二幅(ふたの))で短く、下には長袴でなく半袴をはく。

山辺知行


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「素襖」の解説

素襖【すおう】

素袍とも書く。室町時代直垂(ひたたれ)から派生した衣服で武士が常服として用いた。胸紐(ひも),菊綴(きくとじ)になめし革を用いるので一名革緒(かわお)の直垂ともいう。地質は麻で,服装の格は直垂,大紋より低く,江戸時代には無位無官で将軍御目見(おめみえ)以上の平士の式服とされ,素襖下の小袖(こそで)は(かみしも)と同じく熨斗目(のしめ)に限られた。袴(はかま)は上と同じ地質の長袴であったが,地質の異なるものや半袴をつけることもあった。また素襖には侍烏帽子(さむらいえぼし)をかぶり,小刀(ちいさがたな)を帯び,蝙蝠(かわほり)(扇の一種)を持つのがたてまえであった。
→関連項目礼服

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「素襖」の解説

素襖
すおう

(ひとえ) 仕立ての直垂 (ひたたれ) 。素袍とも書く。別名革緒の直垂。室町時代にできた男子用和服の一つで,当時は庶民が着用していたが,直垂や大紋の着用階級が定められた江戸時代に,平士 (ひらざむらい) ,陪臣の礼服となった。布地は麻で,胸紐,菊綴 (きくとじ) ,露を革緒にし,袴の腰 (紐) に袴と同じ地質のものを用い (直垂や大紋は白) ,うしろ腰に角板を入れる。もと小袴であったが,のち上衣と同地質で同色の長袴を正式のものとした。ここから (かみしも) の素襖,または略して裃と呼ばれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「素襖」の解説

す‐おう ‥アヲ【素襖・素袍ハウ

〘名〙 (歴史的かなづかいは「すあう」とも) 直垂(ひたたれ)の一種。裏のない布製を特色として、素襖の直垂といい、菊綴(きくとじ)や胸紐に革を用いて革緒の直垂ともいう。略儀所用で、室町ごろは庶民も日常に着用した。近世に形式化して長袴が普通となり、侍烏帽子に熨斗目(のしめ)小袖を併用し、儀礼の時の平士(ひらざむらい)や陪臣の料とされた。
明徳記(1392‐93頃か)上「皆々折烏帽子にてすわう・はかまなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「素襖」の解説

す‐おう〔‐アヲ|‐ハウ〕【素×襖/素×袍】

直垂ひたたれの一種。裏をつけない布製で、菊綴きくとじや胸ひもに革を用いる。略儀の所用で、室町時代は庶民も日常に着用した。江戸時代には形式化して長袴ながばかまをはくことが普通になり、大紋と同じように定紋をつけ、侍烏帽子さむらいえぼし熨斗目のしめ小袖を併用し、平士ひらざむらいや陪臣の礼服とされた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「素襖」の解説

素襖
すおう

武士の常服
直垂 (ひたたれ) と同じ型の麻服。鎌倉時代には直垂の一種。室町時代に直垂に絹を用いるようになり,家紋のない麻の直垂をこう呼んだ。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android