コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

素襖 すおう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

素襖
すおう

単 (ひとえ) 仕立ての直垂 (ひたたれ) 。素袍とも書く。別名革緒の直垂。室町時代にできた男子用和服の一つで,当時は庶民が着用していたが,直垂や大紋の着用階級が定められた江戸時代に,平士 (ひらざむらい) ,陪臣礼服となった。布地は麻で,胸紐,菊綴 (きくとじ) ,露を革緒にし,袴の腰 (紐) に袴と同じ地質のものを用い (直垂や大紋は白絹) ,うしろ腰に角板を入れる。もと小袴であったが,のち上衣と同地質で同色の長袴を正式のものとした。ここから (かみしも) の素襖,または略して裃と呼ばれるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

す‐おう〔‐アヲ|‐ハウ〕【素×襖/素×袍】

直垂(ひたたれ)の一種。裏をつけない布製で、菊綴(きくとじ)や胸ひもに革を用いる。略儀の所用で、室町時代は庶民も日常に着用した。江戸時代には形式化して長袴(ながばかま)をはくことが普通になり、大紋と同じように定紋をつけ、侍烏帽子(さむらいえぼし)熨斗目(のしめ)小袖を併用し、平士(ひらざむらい)や陪臣の礼服とされた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

素襖【すおう】

素袍とも書く。室町時代に直垂(ひたたれ)から派生した衣服で武士が常服として用いた。胸紐(ひも),菊綴(きくとじ)になめし革を用いるので一名革緒(かわお)の直垂ともいう。
→関連項目礼服

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

素襖
すおう

素袍とも書くが素襖が正しい。直垂(ひたたれ)の一種で、大紋(だいもん)とともに同系列の服装。いずれも江戸時代に武家の礼装に用いられたが、その順位は、直垂が最高で、次が大紋、素襖はその下で平士、陪臣(ばいしん)の料とされた。生地(きじ)は布(麻)で、仕立ては直垂、大紋とほぼ同じであるが、前二者の袴(はかま)の腰(紐(ひも))が白であるのに対して共裂(ともぎれ)が用いられ、後ろに山形の腰板が入る。また胸紐、菊綴(きくとじ)は、組紐のかわりに革が用いられ、このゆえに一名「革緒(かわお)の直垂」とも称された。背と両袖(そで)、袴の腰板と左右の相引(あいびき)のところに、紋を染め抜く。頭には侍烏帽子(えぼし)をかぶり、下には熨斗目(のしめ)の小袖を着る。素襖の一種に小素襖(こすおう)というのがあるが、これは略装で、袖が一幅(ひとの)半(素襖は二幅(ふたの))で短く、下には長袴でなく半袴をはく。[山辺知行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

素襖の関連キーワード小手袖・籠手袖・篭手袖しょうらかしい新歌舞伎十八番素襖烏帽子性らかしい伊勢白粉何時迄も侍烏帽子山辺知行訳が無い伯父者人存じ立つ素襖引き透き素襖素襖脱ぎ脱ぎ下げ屋形号菊綴じ素襖落刀引き

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

素襖の関連情報