略式(読み)リャクシキ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 正式の手続を省いて簡略にした方式。略儀。
※大乗院寺社雑事記‐康正三年(1457)九月一四日「以略式可有御上洛之由令申上者」
※裁判所構成法(明治二三年)(1890)一二九条「略式を以て取扱ふことを得べき訴訟は之を停止することなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

略式の関連情報