略式(読み)リャクシキ

精選版 日本国語大辞典の解説

りゃく‐しき【略式】

〘名〙 正式の手続を省いて簡略にした方式。略儀。
※大乗院寺社雑事記‐康正三年(1457)九月一四日「以略式可有御上洛之由令申上者」
※裁判所構成法(明治二三年)(1890)一二九条「略式を以て取扱ふことを得べき訴訟は之を停止することなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

略式の関連情報