小野綱手(読み)おのの つなで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小野綱手 おのの-つなで

?-? 奈良時代の官吏。
天平(てんぴょう)18年(746)内蔵頭(くらのかみ)をへて上野守(こうずけのかみ)となり,内位従五位下にすすむ。同年元正上皇の雪の宴に参加して歌をよんだが,記録されなかったため歌は漏失したという(「万葉集」巻17註)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android