コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

就巣 シュウソウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐そう〔シウサウ〕【就巣】

[名](スル)鳥がをかえすためにについて卵を抱くこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうそう【就巣】

( 名 ) スル
鳥が卵をかえすために巣について卵を抱くこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

就巣の関連キーワード名古屋コーチン[種]アヒル(家鴨∥鶩)ワイアンドット種バリケンニワトリ人工孵化愛着行動アヒル三河種留巣性卵用種就巣性発達

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android