就職留年(読み)シュウショクリュウネン

  • しゅうしょくりゅうねん〔シウシヨクリウネン〕

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

卒業までに就職先が決まらず、学生のまま就職活動を続けるために、わざと単位を落とすなどして留年すること。背景には、最近変化の動きはあるものの、企業が採用を新卒者に限る「新卒主義」がある。大手企業の採用がおおむね終わる4年生の夏ごろに留年を決め、秋から3年生に交じって再始動したり、後期期末試験を受けずに単位を落としたりする学生が多い。卒業要件を満たしていても留年を認める特例措置がある場合は、2月から3月初旬ごろが決断の時となる。

(2011-02-19 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android