就職

ビジネス用語集の解説

就職

就職とは、高校・専門学校・大学などを卒業する学卒者
または学卒予定者が初めて職業に就く、会社へ入社するといった際に使われる言葉。

正社員として職業に就く、会社へ入社するといった際に用いられることが一般的です。

出典 転職.jpビジネス用語集について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐しょく〔シウ‐〕【就職】

[名](スル)職業につくこと。新しく職を得て勤めること。「地元の企業に就職する」「就職試験」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうしょく【就職】

就職とは,職業に就くことであり,新しい職場を得ることであるが,職業に経済的,社会的その他さまざまな側面があるように,就職にも多面的な意味がある。就職は,労働市場における求職と求人の結合の結果であると同時に,就職する個人にとっては,職業選択の結果であり,企業や職場に新人として参入することであり,新しい生活様式へ移行することを意味する。新規学卒者の就職は,学校生活から職業生活への移行を意味するとともに,日本においては,大企業を中心とした終身雇用システム(終身雇用制)の起点という意味をもっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうしょく【就職】

( 名 ) スル
職を得て勤めること。 ⇔ 退職 「商事会社に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の就職の言及

【職業安定法】より

…各人に能力に応じた適当な職業に就く機会を与えることによって就職や転職の円滑化を図ることを目的とする法律。職安法と略する。…

※「就職」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

就職の関連情報