コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾の身 オノミ

デジタル大辞泉の解説

お‐の‐み〔を‐〕【尾の身】

鯨の背びれから尾の付け根までの肉。刺身にして賞味

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おのみ【尾の身】

クジラの尾の付け根のところにある肉。クジラの最も美味な部分で、刺身で賞味される。尾肉。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の尾の身の言及

【クジラ(鯨)】より

…天保3年(1832)刊の《鯨肉調味方(げいにくちようみほう)》は鯨の部位のすべてについてその食味と調理を記した奇書で,小山田与清の筆になるとされる。もっとも美味とされる〈尾の身(おのみ)〉は尾に近い部分の背肉で,霜降り状に脂があって軟らかく,刺身として珍重される。尾びれの部分は尾羽(おば),尾羽毛(おばけ∥おばいけ)などと呼ぶ。…

※「尾の身」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾の身の関連キーワードとろまんクジラ鯨肉尾肉

尾の身の関連情報