コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

局笠 ツボネガサ

デジタル大辞泉の解説

つぼね‐がさ【×笠】

女性のかぶる、深くてつぼんだ市女(いちめ)笠の類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つぼねがさ【局笠】

女のかぶる、すぼまった形の笠。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の局笠の言及

【市女笠】より

…もともとこの笠はスゲ(菅)製であったが,江戸時代には竹,ヒノキの剝片を組んで紙を張り,これに黒漆を塗った塗笠に変わり,やがてまったく衰滅してしまった。その名の示すように,もとは市女のかぶった笠であったが,平安時代中期以後には上流婦人の外出に着装され,また雨天の行幸供奉(ぎようこうぐぶ)には公卿も着用するようになり,その名も局笠(つぼねがさ),窄笠(つぼみがさ)などと呼ばれた。この笠の着装には,じかにかぶる方法と,被衣(かずき)をかぶった上に着装する方法とがあった。…

※「局笠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

局笠の関連キーワード市女笠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android