屏風と商人は直にては立たぬ(読み)びょうぶとあきんどはすぐにてはたたぬ

精選版 日本国語大辞典の解説

びょうぶ【屏風】 と 商人(あきんど)は直(すぐ)にては立(た)たぬ

屏風は折りたたむようにすこし曲げなければ立たない。商人も営業上自分の情を押えて買手を迎えなければ成功しない。商人と屏風は曲らねば世に立たず。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android