買手(読み)かいて

精選版 日本国語大辞典「買手」の解説

かい‐て かひ‥【買手】

〘名〙
① 買うの人。買い方。買人(かいにん)。⇔売手
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)八「廉直なる商人は〈略〉よき買手(かイテ)に自然に逢て高くうる程に五さう倍の利をとる」
② 特に、遊里で遊女を買う客。また、傾城買いの狂言での役名にもいう。明暦、万治一六五五‐六一)頃の島原狂言で固定したもの。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「三味線を引よせ、でつるてんと引(ひく)撥音、頓(やが)て買(カイ)手を上り(なまず)にせんといへる響きあるぞゆゆしき」
③ 取引相場で、買いの側に立つ取引員や会員。また、多くの人が買うほうに傾くこと。⇔売手。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「買手」の解説

かい‐て〔かひ‐〕【買(い)手】

品物などの売買で買うほうの人。買い主。「買い手がつく」⇔売り手
取引所で、買いの側に立つ会員や取引員。⇔売り手
[類語]買い主買い方バイヤー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android