買手(読み)かいて

精選版 日本国語大辞典「買手」の解説

かい‐て かひ‥【買手】

〘名〙
① 買うの人。買い方。買人(かいにん)。⇔売手
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)八「廉直なる商人は〈略〉よき買手(かイテ)に自然に逢て高くうる程に五さう倍の利をとる」
② 特に、遊里で遊女を買う客。また、傾城買いの狂言での役名にもいう。明暦、万治一六五五‐六一)頃の島原狂言で固定したもの。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「三味線を引よせ、でつるてんと引(ひく)撥音、頓(やが)て買(カイ)手を上り(なまず)にせんといへる響きあるぞゆゆしき」
③ 取引相場で、買いの側に立つ取引員や会員。また、多くの人が買うほうに傾くこと。⇔売手。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android