コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日葡辞書 にっぽじしょVocabvlario da Lingoa de Iapam com a declaração em Portugues

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日葡辞書
にっぽじしょ
Vocabvlario da Lingoa de Iapam com a declaração em Portugues

イエズス会宣教師手に成る日本語=ポルトガル語辞典。慶長8 (1603) 年に本編,翌年補遺が長崎で出版された。当時の日常語をはじめ文書語,女房詞など3万 2000語以上を収録し,語義と用例を示す。室町時代日本語の最も重要な資料の一つ。なお,本書にはドミニコ会によるスペイン語訳 (『日西辞書』) が 1630年マニラから,L.パジェスによるフランス語訳 (『日仏辞書』) が 1868年パリから出ている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にっぽじしょ【日葡辞書】

《原題、〈ポルトガルVocabvlario da Lingoa de Iapam》日本語辞書。2冊。イエズス会宣教師数名の共編。本篇は慶長8年(1603)長崎学林刊。補遺は慶長9年(1604)刊。日本語をポルトガル語によって説明したもので、当時の口語を中心に約3万2800語を収録。重要な語には用法を示す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

日葡辞書【にっぽじしょ】

江戸初期の日本語・ポルトガル語の辞書Vocabulario da Lingoa de Iapam。イエズス会宣教師たちの手で1603年に本編が,翌年補遺が長崎で刊行された。
→関連項目歌学かぶき

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にっぽじしょ【日葡辞書】

原題は《Vocabulario da lingoa de Iapam》。本編補遺合綴1冊。イエズス会宣教師数名(氏名不詳)の編。1603‐04年(慶長8‐9)長崎学林刊。オックスフォード大学ほか3ヵ所蔵。当時の日常語を中心にして,ほかに,文書語,歌語,女房言葉,方言などを含み,採録語彙(ごい)は約3万2800語に及んでいる。日本語をローマ字で表記し,アルファベット順に配列し,ポルトガル語でそれを的確に説明するとともに日本語の類例などをあげている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にっぽじしょ【日葡辞書】

キリシタン版の一。一冊。本編と補遺からなる。1603~04年長崎学林刊。耶蘇会宣教師数名(氏名未詳)の共編。当時の口語を中心に日本語三万余語を掲げポルトガル語で語釈を付し、古典や日常語の用例をあげる。ドミニコ会のスペイン語訳「日西辞書」(Vocabvlario de Iapon 1630年マニラ刊)、パジェスによる仏訳「日仏辞書」(Dictionnaire Japonais-Français 1868年パリ刊)がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日葡辞書
にっぽじしょ
Vocabulario da Lingoa de Iapamポルトガル語

キリシタン宣教師の日本語修得のため、日本イエズス会が刊行した辞書。本篇(ほんぺん)1603年(慶長8)、翌年補遺刊行。口語を中心に文書語、詩歌語、仏教語、婦人語、幼児語、方言、卑語、さらには教会内でつくられた語までを含む3万余語を収録。ポルトガル語で説明を付し、特殊語にはその旨注記し、重要な語には例をあげて用法を示し、さらに発音、文法、語の表現価値にまで及び、類義語、対義語などをあげることもある。ロドリゲスの著した『日本大文典』とともに、その国語学的価値はもちろん、広く文化史研究に不可欠である。オックスフォード大学ボードレイ文庫、ポルトガルのエボラ公立図書館、パリ国立図書館、マニラ聖ドミンゴ修道院などに現存する。[阿部健二]
『土井忠生・森田武・長南実編・訳『邦訳日葡辞書』(1980・岩波書店) ▽土井忠生著『吉利支丹語学の研究』新版(1971・三省堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の日葡辞書の言及

【落書】より

…平安時代に貴族のあいだで行われ,やがてそれが恋の相手などへの思慕のメッセージをさすものとなったのが〈落し文(おとしぶみ)〉であり,詩歌という形にとらわれず匿名の風刺をさす語となったのが〈落書〉である。16世紀に長崎の宣教師たちが編んだ《日葡辞書》がRacuxo(ラクショ)の訳を〈caqivotosu(カキオトス)〉,だれかある人にあてつけて,人目につく所に置く風刺などの貼紙,としているのは,他人をおとしめるために書く行為という目的ないし意図にこの語の中軸があったことを伝えるものである。落書がひときわ盛んだったのは,幕藩体制下のとくに19世紀の江戸においてである。…

※「日葡辞書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日葡辞書の関連情報