山豆根(読み)さんずこん

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山豆根 (ミヤマトベラ)

学名:Euchresta japonica
植物。マメ科の常緑小低木,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の山豆根の言及

【ミヤマトベラ】より

…本州(茨城県以西),四国,九州,さらに中国大陸に分布し,最近まで日本固有種とされていた。漢方では根を乾燥して山豆根(さんずこん)の名で,口腔・咽喉の病気に用いていたが,中国で山豆根と呼ぶ植物は同じマメ科でも別の植物で,クララ属の一種広豆根をさす。【大橋 広好】。…

※「山豆根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android