コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山高からざれば則ち霊ならず ヤマタカカラザレバスナワチレイナラズ

1件 の用語解説(山高からざれば則ち霊ならずの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

山(やま)高からざれば則(すなわ)ち霊ならず

《「世説新語」排調から》山は高くなければ神霊があるとは思えないの意で、人も徳がなければ尊くないということ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山高からざれば則ち霊ならずの関連キーワード世説新語然もなければ咄咄人に逼る橋が無ければ渡られぬ鳳字玉山崩る座隠見る所少なければ怪しむ所多し《世説新語補》《世説新書》