コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岐神 フナドノカミ

デジタル大辞泉の解説

ふなど‐の‐かみ【岐神】

道の分岐点などに祭られる神。邪霊の侵入を防ぎ、旅人を守護すると信じられた。道祖神(さえ)の神。久那斗(くなど)の神。巷(ちまた)の神。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岐神
くなどのかみ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岐神の言及

【道祖神】より

…サエノカミ(塞の神),ドウロクジン(道陸神),フナドガミ(岐神)などとも呼ばれ,村の境域に置かれて外部から侵入する邪霊,悪鬼,疫神などをさえぎったり,はねかえそうとする民俗神である。陰陽石や丸石などの自然石をまつったものから,男女二神の結び合う姿を彫り込んだもの(双体道祖神)まで,この神の表徴は多様である。…

※「岐神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岐神の関連キーワード坐摩神社(いかすりじんじゃ)奈良県北葛城郡広陵町住吉神社(長崎県)都波岐奈加等神社滋賀県米原市伊吹竹取物語と広陵町豊浜(広島県)火祭り・火祭大山白山神社長崎県壱岐市鞍馬の火祭壱岐(市)疋野神社久那斗神三峯神社天神七代息栖神社雄山神社坐摩神社生ノ松原

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android