分岐点(読み)ぶんきてん(英語表記)branch point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分岐点
ぶんきてん
branch point

曲線が2つに枝分れする点のことをいう。また,yx2 の逆関数 x=±√y を考えようとするとき,y=0 のところで +√y と -√y に枝分れするので,これを分岐点という。この議論は複素変数の関数論で考えたほうが適切で,その場合はリーマン面を考えることになるが,その2つのに枝分れするという意味で,y=0 が分岐点になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんき‐てん【分岐点】

〘名〙 物事の分かれる所。わかれめ。
※火の柱(1904)〈木下尚江〉五「生死二途の分岐点に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんき‐てん【分岐点】

道路・線路などが二つ以上の方向に分かれる地点。「鉄道の分岐点
物事がどうなるかの分かれ目。「人生の分岐点に立つ」
[補説]書名別項。→分岐点

ぶんきてん【分岐点】[書名]

原題、〈ギリシャStrofi》ギリシャの詩人・外交官、セフェリスの処女詩集。1931年発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android