分岐点(読み)ぶんきてん(英語表記)branch point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分岐点
ぶんきてん
branch point

曲線が2つに枝分れする点のことをいう。また,yx2 の逆関数 x=±√y を考えようとするとき,y=0 のところで +√y と -√y に枝分れするので,これを分岐点という。この議論は複素変数の関数論で考えたほうが適切で,その場合はリーマン面を考えることになるが,その2つの面に枝分れするという意味で,y=0 が分岐点になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんき‐てん【分岐点】

道路・線路などが二つ以上の方向に分かれる地点。「鉄道の分岐点
物事がどうなるかの分かれ目。「人生の分岐点に立つ」
[補説]書名別項。→分岐点

ぶんきてん【分岐点】[書名]

《原題、〈ギリシャStrofi》ギリシャの詩人・外交官、セフェリスの処女詩集。1931年発表。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんきてん【分岐点】

道路・鉄道などの分かれる地点。
物事の分かれ目。 「人生の-」 「損益-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぶんき‐てん【分岐点】

〘名〙 物事の分かれる所。わかれめ。
※火の柱(1904)〈木下尚江〉五「生死二途の分岐点に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分岐点の関連情報