旅人(読み)たびびと

精選版 日本国語大辞典「旅人」の解説

たび‐びと【旅人】

〘名〙 旅行をしている旅路にある人。たびゅうど。たびうど。たびと。旅行者客。「たびにん(旅人)」は別意。
※万葉(8C後)九・一七九一「客人(たびひと)の宿りせむ野に霜ふらば吾が子はぐくめあめの鶴群(たづむら)
※大唐西域記長寛元年点(1163)五「悪獣野象群れて行旅(タヒヒト)を暴(そこな)ふ」

りょ‐じん【旅人】

〘名〙
① 古代中国の官名。庶人で官にあるもの。〔儀礼‐公食大夫礼〕
② 旅行する人。たびびと。
※凌雲集(814)河陽駅経宿有懐京邑〈嵯峨天皇〉「河陽亭子経数宿、月夜松風悩旅人
※浮世草子・世間胸算用(1692)四「十二月廿九日の夜の下り船、旅人(リョジン)つねよりいそぐ心に乗合て」 〔易経‐旅卦〕

たび‐にん【旅人】

〘名〙 旅から旅へと渡り歩く人。各地をわたり歩いている博徒・てきやの類。わたりどり。
※恋慕ながし(1898)〈小栗風葉〉二九「兇状持の重い体を手拭一本で潜り歩いた旅人(タビニン)の昔も偲ばれる」

たびと【旅人】

〘名〙 (古くは「たひと」か) 「たびびと(旅人)」の変化した語。
※書紀(720)推古二一年一二月・歌謡「しなてる 片岡山に 飯に飢(ゑ)て 臥(こや)せる その多比等(タヒト)あはれ」

たびゅうど たびうど【旅人】

〘名〙 (古くは「たびゅうと」) 「たびびと(旅人)」の変化した語。
※杜詩続翠抄(1439頃)一四「是言墻をしまはいたほどに旅(タヒウト)ていたか」

たび‐じん【旅人】

〘名〙 他国の人。〔羅葡日辞書(1595)〕

たび‐うど【旅人】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「旅人」の解説

旅人

西日本鉄道が運営する観光列車。福岡(天神)駅から太宰府駅(福岡県)を結ぶ。2014年運行開始。名称は奈良時代初期に大宰師(だざいのそち)を務めた万葉歌人、大伴旅人(たびと)から。

旅人(たびうど)

日本のポピュラー音楽。歌と作詞作曲はJ-POPグループ、ケツメイシ。2006年発売。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「旅人」の解説

たびと【旅人】

《古くは「たひと」とも》「たびびと」の音変化。
「家ならば妹が手まかむ草枕旅に臥(こ)やせるこの―あはれ」〈・四一五〉

たびゅうど〔たびうど〕【人】

《古くは「たびゅうと」とも》「たびびと」の音変化。
「光陰は百代の―なり」〈魯文西洋道中膝栗毛

たび‐にん【旅人】

旅から旅へと渡り歩く人。各地を転々と渡り歩いている博徒などをいう語。

りょ‐じん【旅人】

旅をする人。旅行者。たびびと。

たび‐びと【旅人】

旅行をしている人。旅行者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の旅人の言及

【旅】より

…観光旅行もそうであろうし,なんでも見てやろうという動機にもとづく旅もそうである。こういう旅人は,探検家のように,他の探検家がすでに訪れたか否かに拘泥しない。そこでの体験は,どこまでも個人的経験世界内での知見として,まず自分のうちで意義を認められるもので,それを他に公知させるべく語ることは二の次の問題となる。…

【もてなし】より

…【三浦 国雄】
【ヨーロッパ】
 もてなし(ホスピタリティhospitality)は,贈与関係と並んで,原始社会から中世のヨーロッパ諸民族に遍在する,人と人,共同体と個人を媒介する基本的な社会関係の一つである。もてなしの機会は宴会とも重なり合うが,知己の賓客を迎えた饗宴や,共同体的な結束を表現する祭宴と区別される本来のもてなしは,主として共同体外から来る遠隔の客,見知らぬ旅人に無償で食事とベッドを提供し,無事に旅を続けさせること,また困窮者,病人を収容し,治療を施し,行倒れなどを埋葬することを指す。これら共同体外の者を〈客〉として自分の家に受け入れた者=〈主人〉は,その間,客の保護者となる。…

※「旅人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android