岡山県岡山市(読み)おかやま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔岡山県〕岡山〈市〉(おかやま〈し〉)


岡山県南部、岡山平野中部に位置し、児島(こじま)湾に面する市。
同県の県庁所在地で、県の政治・経済・文化の中心地。南部は児島湾を挟み児島半島の丘陵地を含む。1996年(平成8)4月より中核市。2005年3月、御津(みつ)郡の御津町と児島(こじま)郡の灘崎町を編入。この合併により、児島郡消滅。2007年1月、御津郡の建部町と赤磐(あかいわ)郡の瀬戸町を編入して現在の姿となる。この合併により、御津郡と赤磐郡は消滅。2009年4月には政令指定都市に移行。戦国時代、宇喜多直家(うきたなおいえ)が岡山城を築城した旧城下町。江戸時代を通じて岡山藩31万石余の中心地。山陽道の要地を占め、広大な児島湾干拓地を控えて繁栄した。JRの山陽新幹線と山陽本線が通じ、日本海側や四国へ地方線が分岐する鉄道交通の拠点。山陽自動車道、岡山自動車道ほか多くの国道が通じ、北西部に岡山空港がある。岡山港の後背地、岡南(こうなん)地区に紡績・化繊・金属などの工場があり、内陸部にも電機・機械・金属などの工場がある。四国の一部をも商圏とする卸売業はじめ、西日本屈指の商業機能をもつ。児島湾干拓地の水田耕作やイグサ栽培、丘陵地のモモ・温室ブドウ・メロンなどの果物栽培など、特色ある農業が行われる。
国指定特別名勝の後楽園は水戸の偕楽(かいらく)園、金沢の兼六園と並ぶ日本三名園の一つ。西部は吉備路(きびじ)の一角を占め、吉備津(きびつ)神社(本殿・拝殿は国宝に指定)や造山(つくりやま)古墳など名所・史跡が多い。建部地区の福渡(ふくわたり)は旭川舟運の要所であった。建部上に八幡(やはた)温泉がある。児島半島には金甲山(きんこうざん)がある。
南区
北区
中区
東区

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡山県岡山市の関連情報