コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川谷貞六 かわたに ていろく

朝日日本歴史人物事典の解説

川谷貞六

没年:明和6(1769)
生年宝永3(1706)
江戸中期の暦学者。算学にも通ずる。土佐(高知県)の人。宝暦13年9月1日(1763.10.7)の日食を官暦は誤って記載しなかったが,当日は5分ほどの日食が観測され,暦職は多くの非難をあびた。貞六は前年10月,5.5分の食のあることを土佐藩主に上言していた。この推算の的中や測量技術などを評価されて藩士に取り立てられた。天明2(1782)年刊の随筆『文会雑記』(『日本随筆大成』に翻刻)に「土州にて暦学を始めてせしは,谷丹三郎。谷氏の門人に川谷貞六と云人あり。此人『南海暦談』『授時改旋暦書』等を著し,又『起元演段』と云算書を著す」とある。諱は致真,薊山と号し『薊山集』の著もある。

(内田正男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

川谷貞六の関連キーワード川谷薊山細川頼直かわた没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android