コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川谷貞六 かわたに ていろく

2件 の用語解説(川谷貞六の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

川谷貞六 かわたに-ていろく

川谷薊山(かわたに-けいざん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

川谷貞六

没年:明和6(1769)
生年:宝永3(1706)
江戸中期の暦学者。算学にも通ずる。土佐(高知県)の人。宝暦13年9月1日(1763.10.7)の日食を官暦は誤って記載しなかったが,当日は5分ほどの日食が観測され,暦職は多くの非難をあびた。貞六は前年10月,5.5分の食のあることを土佐藩主に上言していた。この推算の的中や測量技術などを評価されて藩士に取り立てられた。天明2(1782)年刊の随筆『文会雑記』(『日本随筆大成』に翻刻)に「土州にて暦学を始めてせしは,谷丹三郎。谷氏の門人に川谷貞六と云人あり。此人『南海暦談』『授時改旋暦書』等を著し,又『起元演段』と云算書を著す」とある。諱は致真,薊山と号し『薊山集』の著もある。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

川谷貞六の関連キーワード松岡玄達陰山東門相通ずる一脈相通ずる慇懃を通ずる有無相通ずる情を通ずる刺を通ずる村沢布高吉田慎斎

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone