コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差別料金 さべつりょうきん

大辞林 第三版の解説

さべつりょうきん【差別料金】

同じサービスに対して、利用者・利用時間帯などによって異なった料金にすること。電話・タクシー・電気などの料金に設定されている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の差別料金の言及

【価格形成】より

…第1次石油危機までの電力料金や水道料金には,このシステムが適用されていた。(4)差別料金 同じ財・サービスを需要者によって異なった料金で供給することを差別料金と呼ぶ。このような料金政策がとられる理由としては,第1に経済的弱者に対する配慮がある。…

※「差別料金」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

差別料金の関連キーワードピークロードプライシングタクシーサービス利用者料金電気