コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

差米/指米/刺米 サシマイ

デジタル大辞泉の解説

さし‐まい【差米/指米/刺米】

合米(ごうまい)」に同じ。
江戸時代、米を検査するため、俵に米刺しを入れて抜き出した米。のち、仲仕(なかし)などが賃金として受け取るようになった。見本米。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

差米/指米/刺米の関連キーワード欠米(かんまい)江戸時代仲仕

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android