コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲仕 ナカシ

4件 の用語解説(仲仕の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

なか‐し【仲仕】

港などで、船の貨物をかついで運ぶ作業員。「沖仲仕

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なかし【仲仕】

港や河川で、船の貨物のあげおろし作業に従事する人。中衆なかしゆ。 「沖-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仲仕
なかし

港湾荷役労働者の一種。戦前までの呼称で、現在は使われていない。本来は荷役業者と小揚(こあげ)(船荷を陸揚げする作業、またはそれに従事する労働者)との中にあって働くので、こうよばれた。1965年(昭和40)に制定された港湾労働法による「荷役労働者」で、アメリカのlongshoreman、イギリスのdock worker/dockerに相当する。
 業務内容は、港湾の埠頭(ふとう)または艀(はしけ)と本船との間の貨物移動、また本船内の倉口hatchと各船倉hold間の貨物移動、さらには船倉内での貨物の積み付け積み卸しである。とくに本船内の荷さばきを「船内荷役」という。船内荷役を専門に行う労働者が沖仲仕(船内労働者)である。港湾での荷役作業は、作業班を組んで行われ、その構成は取扱貨物や作業場所によって異なる。標準的なものは班長1人、小頭(こがしら)(甲板係)1人、クレーンを操作するウィンチマン2人、スリング係2人、積み付け係12人の計18人からなっている。 [土居靖範]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仲仕の関連キーワードトンキロ担ぎ担ぎ上げる担ぎ込む載貨散積み船荷長持歌荷担ぎ担い籠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

仲仕の関連情報