コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲仕 ナカシ

デジタル大辞泉の解説

なか‐し【仲仕】

港などで、船の貨物をかついで運ぶ作業員。「仲仕

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

仲仕【なかし】

港湾労働

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

なかし【仲仕】

港や河川で、船の貨物のあげおろし作業に従事する人。中衆なかしゆ。 「沖-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

仲仕
なかし

港湾荷役労働者の一種。戦前までの呼称で、現在は使われていない。本来は荷役業者と小揚(こあげ)(船荷を陸揚げする作業、またはそれに従事する労働者)との中にあって働くので、こうよばれた。1965年(昭和40)に制定された港湾労働法による「荷役労働者」で、アメリカのlongshoreman、イギリスのdock worker/dockerに相当する。
 業務内容は、港湾の埠頭(ふとう)または艀(はしけ)と本船との間の貨物移動、また本船内の倉口hatchと各船倉hold間の貨物移動、さらには船倉内での貨物の積み付け積み卸しである。とくに本船内の荷さばきを「船内荷役」という。船内荷役を専門に行う労働者が沖仲仕(船内労働者)である。港湾での荷役作業は、作業班を組んで行われ、その構成は取扱貨物や作業場所によって異なる。標準的なものは班長1人、小頭(こがしら)(甲板係)1人、クレーンを操作するウィンチマン2人、スリング係2人、積み付け係12人の計18人からなっている。 [土居靖範]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

仲仕の関連キーワードゴーリキー(Maksim Gor'kiy)センベーヌ・ウスマンハリー ブリジエズ小樽港湾労働者争議日本労働組合評議会O. センベーヌベショールイ前納 善四郎黒船忠右衛門日吉[町]センベーヌサンベーヌ火野 葦平前納善四郎相生由太郎飯場制度火野葦平矢次一夫三泣き車ヒューズ

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android