コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巾着切り キンチャクキリ

デジタル大辞泉の解説

きんちゃく‐きり【巾着切り】

掏摸(すり)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんちゃくきり【巾着切り】

〔巾着を切って金銭を盗んだところから〕
掏摸すり。 「 -の上前をはねなければ三度の御膳が戴けないと/坊っちゃん 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の巾着切りの言及

【巾着】より

…江戸時代末期になると女夫(めおと)巾着といって守袋と銭入れを兼ねたちりめん製のものが考案され,婦女子の間に人気をよんだ。当時巾着に金銭を入れたところから,これをすりとる者を巾着切りといい,また絶えず人について歩いている人のことを腰巾着とよぶ言葉さえ生まれた。民間の俗信として除夜の鐘の打ち終わらぬ間に巾着をつくると金に不自由しないといい,正月の子どものお年玉としてこれをつくる習俗があった。…

【すり(掏摸)】より

…窃盗の一種。往来,車中などの混雑した場所で,他人の懐中物などを盗みとること,およびその盗みを行う者。〈きんちゃく切り〉〈ちぼ〉などとも呼ぶ。〈すり〉は〈摩(すり)〉で,体をすりつけるように寄せて盗む意などといい,〈掏摸(とうぼ)〉は手さぐりで物をさがし取る意で,中国の刑法典にこの種の盗人の呼称として用いられていた。〈すり〉の語は室町末ころから現れ,《日葡辞書》にも〈suri〉と見えるが,初めはより広い範囲の盗人をさしていた。…

※「巾着切り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巾着切りの関連キーワード一立斎文車(初代)小猿七之助坊っちゃん三人吉三其れ者財布すり巾着掏摸