コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

掏摸 すり

3件 の用語解説(掏摸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

掏摸
すり

人込み,往来,乗物の中で,相手の心理作用を巧みに利用し,金品をかすめ取る窃盗行為,またはその行為者。ちぼ,ちゃりんこ,とうも,もさ,巾着切り,ぱんさなど俗称の異名が多くある。乗物を利用して盗みを働く者を「箱師」,それ以外は「平場師」という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

掏摸【すり】

掏児とも書き,巾着切(きんちゃくきり),〈ちぼ〉ともいう。往来や車中などで,他人の金品をかすめとること,およびそれを行う者。その手口として手先だけでとる抜取(ぬきとり),刃物を使う断切(たちきり),かばんなどの中の物をとる鞄師(かばんし)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の掏摸の言及

【すり(掏摸)】より

…〈きんちゃく切り〉〈ちぼ〉などとも呼ぶ。〈すり〉は〈摩(すり)〉で,体をすりつけるように寄せて盗む意などといい,〈掏摸(とうぼ)〉は手さぐりで物をさがし取る意で,中国の刑法典にこの種の盗人の呼称として用いられていた。〈すり〉の語は室町末ころから現れ,《日葡辞書》にも〈suri〉と見えるが,初めはより広い範囲の盗人をさしていた。…

※「掏摸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

掏摸の関連情報