市枡(読み)いちます

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 平安末期頃からそれぞれの市で通用した統一規格の枡。
※多聞院日記‐文明一〇年(1478)一一月二三日「彼方市之升、奈良之金ふせに相当。収納升と彼市升とは四勺はかり延と云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

市枡の関連情報