コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多聞院日記 たもんいんにっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多聞院日記
たもんいんにっき

奈良興福寺多聞院主の日記。 46巻。文明 10 (1478) ~元和3 (1617) 年の 139年間にわたる記録。著者は初めの部分は学賢房宗芸,妙喜院宗英で,大部分は学侶多聞院英俊によるものであり,著者不明の部分が混入している。戦国時代から江戸時代初期にいたる社会変革期の史料として貴重である。刊本は全5冊。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たもんいんにっき〔タモンヰンニツキ〕【多聞院日記】

興福寺多聞院の院主の長実房英俊ほかの日記。46冊。文明10年(1478)から元和4年(1618)に至る。戦国時代から近世初期の社会・文化を知る貴重な史料。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

多聞院日記【たもんいんにっき】

中世から近世への移行期における日記。筆者は奈良興福寺の子院多聞院の院主である長実房英俊(ちょうじつぼうえいしゅん)ら。記事は1478年から1618年に及ぶが,欠けている年代も多い。
→関連項目徳川家康

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たもんいんにっき【多聞院日記】

戦国~江戸初期の興福寺多聞院院主の日記。長実房英俊の日記を中心としている。1478‐1618年(文明10‐元和4)の記事を載せる。多聞院日記の称は,近世初頭より同寺大乗院において英俊の日記ほかを書写しはじめ,近世半ばに全46帖となし,各帖の表紙に〈多聞院日記〉と記したのによる。しかしこのうち〈文明十年日記〉〈文明十五年・文明十六年・文明十七年多聞院長実房英俊之記〉は学賢房宗芸の日記,〈永正二年乙丑・同三年丙寅日記〉は延尭房賢清の日記である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たもんいんにっき【多聞院日記】

奈良興福寺多聞院の日記。四六冊。1478年から1618年までの記事を収める。主要部は僧英俊の筆になり、戦国時代から江戸初期までの政治・社会・文化全般にわたる貴重な史料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多聞院日記
たもんいんにっき

奈良興福(こうふく)寺の学侶(がくりょ)多聞院英俊(えいしゅん)らの日記。原本は散逸したが、興福寺所蔵四十六巻本など多くの写本が現存する。1478年(文明10)から1618年(元和4)にわたるが、『文明(ぶんめい)十年記』『文明十五、十六、十七年記』は学賢房宗芸(がっけんぼうそうげい)、『天正(てんしょう)八、九、十年記』は妙喜院宗英(みょうきいんそうえい)の別会五師方記(べちえごしかたき)であり、『永正(えいしょう)二、三年記』など筆者不明の部分もある。主要部分は英俊の日記で、1534年(天文3)から96年(慶長1)にわたっている。内容は、興福寺内外の情勢を中心として、大和(やまと)、山城(やましろ)などの事件にまで及んでおり、中世から近世に至る転換期の重要史料である。刊本『多聞院日記』全5冊(辻善之助(つじぜんのすけ)編)がある。[小泉宜右]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の多聞院日記の言及

【トウガラシ(唐辛子)】より

…第1は1542年(天文11)ポルトガル人が伝えたとするもの(佐藤信淵など),第2は1605年(慶長10)とする説(橘南谿(たちばななんけい)など),第3は秀吉の朝鮮出兵,つまり文禄・慶長の役(1592‐98)の際,種子を持ち帰ったとするもの(貝原益軒など)であるが,どうやら第3説が正しいようである。トウガラシの語が見られるのは《毛吹草》(1638)あたりからであるが,《多聞院日記》文禄2年(1593)2月18日条には,明らかにトウガラシである物がコショウとして記載されている。それは,コショウの種と称する物をもらったというのだが,その種はナスの種のように小さく平らで,赤い袋の中にたくさん入っており,その袋の皮の辛さには肝をつぶしたというのである。…

※「多聞院日記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多聞院日記の関連キーワード辻 善之助松井友閑筒井順昭多聞山城題目立聚楽第植木屋梅干し鎌田連事

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android