コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

干出 カンシュツ

大辞林 第三版の解説

かんしゅつ【干出】

海苔のり養殖用の篊ひびが潮が引いて水面上に露出すること。
海図用語。岩礁などのうち、高潮時には水面下にかくれ、低潮時に現れるもの。 「 -岩」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

干出の関連キーワードシワランソウモドキキンイロハンモンカモガシラノリウミゾウメンシリオミドロフクロフノリイカノアシハナフノリ犯罪社会学ウシケノリ人工孵化海岸動物海洋生物サイミ福本藩潮間帯イロロ有明海イシゲ裾礁

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android