干潮(読み)かんちょう

世界大百科事典 第2版の解説

かんちょう【干潮 low water】

おもに月と太陽の作用によって海面が昇降する潮汐では,普通1日に2回海面が低くなる。最も低くなった状態を干潮,あるいは低潮という。【寺本 俊彦】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんちょう【干潮】

潮が引いて、海水面が低く下がりきった状態。また、その時。一日のうち、ふつう二回出現し、低いほうの干潮を低低潮、高いほうの干潮を高低潮という。引き潮。低潮。 ⇔ 満潮

ひしお【干潮】

引き潮。かんちょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

干潮
かんちょう
low water

潮汐(ちょうせき)による海面の昇降で、高さが極小となった状態を干潮(または低潮)という。極大となった状態は満潮(または高潮(こうちょう))という。通常は満潮と干潮とがそれぞれ1日2回生じるが、場所と月齢などによって1回または3回以上となることもある。1日2回の干潮で、その高さがかなり異なることがある。低いほうの干潮を低低潮、高いほうの干潮を高低潮という。太平洋岸では、春分から初夏にかけての大潮(おおしお)時の低低潮が日中に現れるので、潮干狩(しおひがり)など、磯(いそ)遊びが行われる。[岡田正実]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

干潮の関連情報