コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平均残存勤務期間 へいきんざんぞんきんむじかん

1件 の用語解説(平均残存勤務期間の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

平均残存勤務期間

在籍する従業員が貸借対照表日から退職するまでの平均勤務期間をいいます。その算定には、退職率と死亡率を加味した年金数理計算上の脱退残存表を用いて算定する方法が原則となっていますが、実務上は標準的な退職年齢(定年年齢、退職給付算定上の終了年齢および退職者の平均年齢等)から貸借対照日現在の平均年齢を控除して算出する方法も認められています。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

平均残存勤務期間の関連キーワード退職給付引当金バランス・シート資産の流動化簿外債務決算公告貸借対照表(バランスシート)従業員持ち株会とみなし配当従業員持株会

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone