平均残存勤務期間(読み)へいきんざんぞんきんむじかん

会計用語キーワード辞典の解説

平均残存勤務期間

在籍する従業員が貸借対照表日から退職するまでの平均勤務期間をいいます。その算定には、退職率と死亡率を加味した年金数理計算上の脱退残存表を用いて算定する方法が原則となっていますが、実務上は標準的な退職年齢(定年年齢、退職給付算定上の終了年齢および退職者の平均年齢等)から貸借対照日現在の平均年齢を控除して算出する方法も認められています。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android