コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年の神 トシノカミ

デジタル大辞泉の解説

とし‐の‐かみ【年の神】

五穀を守る神。としがみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

としのかみ【年の神】

五穀を守る神、すなわち大年神おおとしのかみ・御年神みとしのかみなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

年の神の関連キーワードアルブレヒト[マインツ]惑星(ホルストの組曲)ガステックサービステレサ(アビラの)三井鉱山[株]神戸・北野地区ジッキンゲン条約勅許問題須磨離宮公園伊勢原[市]太宰府天満宮大日本生産党西ローマ帝国イべント産業西田 修平伊勢例幣使大空位時代遷宮・遷座金毘羅信仰池辺吉十郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年の神の関連情報