コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻想小曲集 げんそうしょうきょくしゅうFantasiestücke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幻想小曲集
げんそうしょうきょくしゅう
Fantasiestücke

シューマンのピアノ曲集。 op.12。 1837年作。全8曲。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げんそうしょうきょくしゅう〔ゲンサウセウキヨクシフ〕【幻想小曲集】

《原題、〈ドイツ〉Fantasiestückeシューマンのピアノ曲集。全8曲。1837年作曲。それぞれに詩的・文学的な標題が付されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

幻想小曲集

ドイツの作曲家ロベルト・シューマンのピアノ曲集作品12(1837)。原題《Fantasiestücke》。全8曲。各曲に詩的・文学的な標題が付されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

幻想小曲集の関連キーワードシューマン(Robert (Alexander) Schumann、作曲家)シューマン:幻想小曲集/piano soloラザール レビ幻想曲

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幻想小曲集の関連情報