幼児教育史学会

デジタル大辞泉プラスの解説

幼児教育史学会

日本の学術研究団体のひとつ。欧文名は「Society for the Historical Studies of Early Childhood Education and Care in Japan」。日本、海外の幼児教育史研究を促進する。事務所所在地は東京都渋谷区。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android