コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広島県庄原市 しょうばら〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔広島県〕庄原〈市〉(しょうばら〈し〉)


広島県北東部の市。
東部で岡山県、北部で島根・鳥取両県と接する。中国山地とその南麓に位置し、市の西部には江(ごう)の川とその支流、西城川・神野瀬(かんのせ)川などが流れ、東部には帝釈川などが流れる。市域の大半を山林や農地が占め、住宅地は概ね河川に沿った平坦地に広がる。2005年(平成17)3月、旧・庄原市と甲奴(こうぬ)郡の総領町、比婆(ひば)郡の西城町、同東城町、同口和町、同高野町、同比和町が合併して現在の姿となる。この合併により、甲奴郡、比婆郡消滅。JR芸備(げいび)線・木次(きすき)線、中国自動車道などが通じる。稲作・ダイコン・リンゴ・コンニャクや花卉(かき)栽培のほか、比婆牛の畜産が盛ん。ろう石や石灰石を産し、スギやヒノキの林業も行われる。食品・機械・金属・窯業などの工場も操業。かつては砂鉄を産し、たたら製鉄が盛んだったことから、市場町として発展した。南東部の帝釈峡(国指定名勝)・比婆山(ブナ純林は国指定天然記念物)などは比婆道後帝釈国定公園に属する。イザナギノミコト、イザナミノミコトにまつわる伝説が残る吾妻山には国民休暇村がある。同市出身の倉田百三(くらたひゃくぞう)文学館や歴史民俗資料館がある庄原市田園文化センター国営備北丘陵公園などもあり、市の南西部には県立広島大学キャンパスがある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

広島県庄原市の関連情報