コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広東窯 カントンよう

大辞林 第三版の解説

カントンよう【広東窯】

中国、広東省内の各地域に開かれた窯の総称。五代から宋代に青磁・青白磁などを焼いた広州窯、南宋代に青磁を焼いた広窯、明代に鈞窯きんよう風の広東海鼠手なまこでを焼いた石湾窯などが著名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

広東窯の関連キーワード青白磁五代青磁

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android